無料
大逆流! -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

大逆流!

  ♪潮が変わり 寄せてくる 限りない海の意志よ
   この大河に向かい 波の力 今受け止めよう♪

クイニチ校歌2番の頭の部分です。

ちょうどこの中秋節の時期、ここハンジョウの真ん中を流れる大きな河、 銭塘江 ではすごい現象が見られるんです!

銭塘江は「ハンジョウ湾」という湾に注いでいます。
この湾は大きなラッパ型になっており、地図ですぐ見つかるので上海やハンジョウを探すときのいい目印になります。日本の気象情報のテレビでも中国大陸がシルエットで写っていたらちょっと探してみてください。ほら、わかりやすいでしょ?

天気図   地図 ←ハンジョウの位置

この湾の形のせいで、大潮のとき、広範囲の上げ潮が一気に河口に集中することになり、そのまま津波のように河をさかのぼってしまうんです!

以前アマゾン河のポロロッカの映像をテレビで見たことがあって、「あんな大河が逆流するなんてすごい!」と強く印象に残ってました。
引越しが決まってハンジョウについて調べていたときにここでも同じ現象が最寄の河で見られると知り、これは絶対見逃すわけにはいかない!と楽しみにしてました。

そしてついにその時期が来たのです!

いくつかある観潮ポイントのうち、昨日はハンジョウ市のお隣、ハイニン(海寧)市の 塩官 という街まで行くツアーに参加しました。
観潮には最適とされる場所です。
上の地図では「杭」「州」「湾」の「杭」の字の左上の位置。(「塩」という字が日本とちょっと違います。)
この地図だと目の前に広がるのはまだハンジョウ湾ということになりますが、他の地図や現地での案内ではここはもう「銭塘江」、河です!

銭塘江 ←とにかく広い!対岸がかすんで見えない。

銭塘江 ←有料の予約特等席はこんな檻の中。

銭塘江 ←時間が近づくと係のおばちゃんたちが手でガラガラと檻を開けてくれるんだけど、重そうで、すぐまたガラガラと降りてきちゃって危なっかしい!

銭塘江 ←結局上まで巻き上がらず、こんな有枠無粋な光景。

銭塘江 ←きたきた、潮がきたー!

銭塘江 ←崩れていく波頭。不気味な轟音が聞えてきます。

銭塘江 ← 一気に迫ってきて、、、、、


 ↓  ↓  ↓  ↓

   きたー!!

銭塘江
これを「怒涛」と言います。

あっと言う間でした。

でも、
・天候があいにくで対岸まではっきり見えなかった。
・波が通過するが早いか一斉に退去し、波が見えなくなるまで見送れなかった。
 (お昼ご飯の予約時間がせまってた?)
・波は3~9mになると聞いていたのにそれほど大きくなかった。
、、、のがちょっと残念。

波の高さが最大になるのはこの15日ではなく17日だそうなので、まだ不十分だったのかな。
ちなみに、毎年沿岸で波にのまれて亡くなる人がいるそうです。

銭塘江 ←こんなときもあるようで。(旅行社の案内ページから拝借。)

大逆流 大逆流 ←こういう注意書きも。

日本からこの波を見るための団体ツアーも来てました。
私もぜひまた見たいと思いました。


 【おまけの写真】
銭塘江
「移動空調(=携帯エアコン)」と書いて、扇子を売ってます。。。
スポンサーサイト
FC2ジャンル : 海外情報  中国
 
 
Comment
 
401    2008.09.17 Wed 14:17 
ボロロッカ ハンジョウ版っていうことなのね。

 って テレビでみたことはあるが・・・目の前にしたら迫力はちがうよなぁ・・・・・・・・・・・・・・

 とおもいつつ 9mなんぞきたら・・・檻の中にやってはこないんか!? それもやばそうにおもうが(・3・)~♪
#5vMi6MKMしぇらURL [コメントの修正]
402    2008.09.17 Wed 16:02 
ほぉお~!
ナマで観てきたんですね!すごいなー。
銭塘江の川幅って1km以上あるんでしょう?
壮観だったですねー!
中秋の満月を見ながら、月餅を齧りながら観るのかな~と思っていましたが、昼間なんですね。
満月の時に月が地球から近くて引潮力が大きくなると、すごい波がやってくる・・?!v-15
言ってみれば宇宙の神秘ですねー・・・
不思議だー!おもしろい!
だけど、この観潮ツアーって安全な高い建物から観潮するわけではないのね。
結構危険を伴うツアーですね。
中国の人はやっぱり大胆だわ。

#-のりりんの母URL [コメントの修正]
403  はじめまして!  2008.09.17 Wed 19:15 
初めまして!杭州日本人学校を検索しながらやってきました。北京編から追いかけてます。

私は現在江蘇省無錫市というところに住んでます。なんで杭州日本人学校を検索していたかというと、無錫も日本人学校を作ろう、という話が持ち上がり、新しい日本人学校とはどうなんだ?と調べていたから。
そんな無錫の日本人学校開校話は二転三転の結果’風前のともし火’となっています。杭州、いいですね~。

以前のブログ、同じプロバイダでしたが、現在は変わりましたね。写真の使い方が上手で、私も参考にしたいと思っています。

よかったら無錫の様子も覗きに来て下さい。
これからも楽しみに読ませて頂きますね!
404  はじめまして!!  2008.09.18 Thu 01:22 
自分も銭塘江の逆流の記事を書いていたら偶然見つけてしまい、面白くて過去の記事から一気に読んでしまいました。
これからも、私の知らない主婦目線v-433の杭州を楽しみにしています。
私も、杭州についてブログを書き始めたので、良かったら遊びに来てください。
http://hangzhouinfo.blog44.fc2.com/
(私は日本人社会から全く離脱していますので、安心してブログを書いてください。。e-68
#-マルコメ・ポーロURL [コメントの修正]
405  Replies  2008.09.18 Thu 09:59 
●しぇら

檻が開かないまま水が来たら嫌だね!後ろの出入り口は検札のために一人づつしか通れないし、パニック間違いなし。

でもここはまだ河幅広いくて(3km!)潮も横一列に綺麗に揃って進んでるので、大きな潮流でもそれほどバシャーンと崩れることはなさそうな印象。
それよりもっと川幅狭くなるところとか、河が大きく蛇行して潮が河岸に向かって一直線に押し寄せてくる場所とかは恐ろしそうだわ!(←そういう場所へ行ってみたい。。。ウズウズ)


●のりりんの母さん

やっぱりナマでしょう!壮観でしたよー。
ここの川幅は3km。向こう岸はかすんで見えなかったです。
横浜の海岸から房総半島を見るようでした。
そこを横一直線に潮が押し寄せてくるのが、はるか水平線(と言ってもこの日は遠くは見えなかったけど)からずっと見えてくるんです。これだけの広さの波が立てる音が轟音となってとどろいてくるのがまた迫力!
日本や北京の河と違って満々と水をたたえて海に向かう河の流れに逆らって登っていくのですから、並みの津波(どんな津波だ!)以上のパワーじゃないでしょうか。

ここは「観潮」の場所として整えられた公園になっていて、河岸も綺麗に一直線に護岸されてます。だから潮もスムーズに通過して行って、柵際はともかくこの観潮席ならば大きな危険はないと思うのですが。

実は潮が最高潮になる17日には日本人学校の遠足として別のポイントから子どもたちは逆流を見学し、そこは小高い丘の上だったそうです。

去年は別の場所でこの潮パワーを知らない地方からの観光客が河まで降りていて「11名様が亡くなりました」(←中国人ガイドさんの説明。)そうです。


●motomamさん

ようこそ!

無錫にも日本人学校建設の話があるのですか!
現在世界的に縮小傾向にあるらしい日本人学校ですが、中国内だけはどんどん新設されてるそうですね。
日本人学校話、語りましょう!
よろしかったらメールください。

貴ブログもちょこっと拝見しました。
gooもどんどん充実してきましたねー。戻っちゃおうかなと思ったことも一度や二度ではありません。
こちら(FC2)は無料で色々いじれるので勉強のためと思って取り組んでみてます。
ブックマークに登録したのであとでじっくり読ませていただきますね。

コメントありがとうございました♪♪


●マルコメ・ポーロさん (←クスッ)

こちらも嬉しいコメント、ありがとうございます!

マルコメ・ポーロさんのブログは杭州情報もあり更に中国語を学べるというのがとってもいいですね!
こちらもしっかりブックマークさせていただきました。
(「救出劇」、こわすぎですー!!)

杭州在住日本人の目にとまらないように、ってのはまったく無駄なようなのでもう諦めました。^^;
実は17日の「最高潮」をどうしても見たくて西湖よりはるか北から自転車で復興橋まで、子どものお迎え時間を気にしながらも大急ぎで行ってしまった(実話)とかこっそり打ち明けてもどうぞ呆れて白い目で見ないでくださいね。
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/93-848cbea4
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。