無料
パラリンピック開会式 -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

パラリンピック開会式

向かいのマンションの家々の大型テレビがまた皆揃って同じ番組を映し出してるので(普段は皆バラバラ。)、パラリンピック開会式だったと思い出し、あわててテレビをつけました。

初めてパラリンピックの開会式を観ました。

泣かないようにと思ったけど、でもやっぱり大泣きしてしまいましたー。

まず、先の四川大地震で片足をなくした(?)12歳の少女が真っ赤なトゥシューズ(バレエのシューズ)を片足だけ履いて、車椅子に座りながら手だけで踊るプログラム。
少女が不自由だった脚の分は周りの人々が腕を使ってで脚の動きを「担当」。
見事にそろった「バレエ」を見せてくれましたがこの周りの人たちも実は音が聞えてません。
普段は舞台で活躍するプロのダンサーで、アテネパラリンピック閉会式にも出場したそうです。
ラベルのボレロ(←私の大好きな曲のひとつ。)の曲に合わせるために、周りに数人、「指揮者」がいて大きく手を振っていました。
少女には最後に王子さまが現れて・・・。

最後の聖火点灯。
車椅子のランナーが競技場に入ってきて、他の、障害を抱えたランナーに次々リレーしていきます。
盲導犬に引かれたランナーのトーチには聖火がうまく点灯せず、そこまで走ってきた義足のランナーは自分のトーチと取り替えて渡しました。
盲導犬は大勢の観客にも火にもおびえることなく立派に次の最終ランナーのところまで導きました。
次のランナー、車椅子でしたがワイヤーがくくりつけられてたので、またオリンピック開会式みたいにピューンと飛んでいくのかと思いきや、
トーチを車椅子に固定すると、
自分の手で上から下がったロープをガラガラ引いてゆっくりゆっくり自分を持ち上げて上っていくではありませんか!
聖火台の点火口は観客席の最上段の天井の高さだから、ビルの10階くらいになるでしょうか?
そこまで、自力で上がる???
自分の体重を持ち上げるなんてただでさえきついのに、車椅子の重量もあるんです。
案の定この人途中から苦しそう。
オリンピックの最終ランナー李寧も重力に反した格好で姿勢を崩さず上空を一周してすごかったですが、これも大変。っていうか、痛々しい。。。
途中で小休止したり苦しさに顔をゆがめながらも懸命にのぼっていく姿に、私はついにこらえきれずに号泣!居眠りしてた夫がびっくりして起きてしまいました。

うーむ、なんとも一言ではまとまらないけど、やはり「いかにも中国っぽい」開会式、という印象かな。

※後日追記

◇関連記事

毎日jp 「パラリンピック:盛大に開会式 四川大地震の被災少女舞う

新京報 「パラリンピック開幕 過去3回の金メダリストが聖火台点灯

YOMIURI ONLINE 「『奇跡の少女』パラリンピック開会式で生きる喜びを表現
スポンサーサイト
FC2ジャンル : スポーツ  北京五輪
 
 
Comment
 
367  ちょっとゆ  2008.09.08 Mon 18:20 
お久しぶり~
夫さんのメールに用件を書いたんだが、
急いで連絡とりたいので伝えてもらえますか。

ブログと関係ないので、このコメントは事後削除しちゃって下さいね。

368  中国の職人技  2008.09.09 Tue 04:50 
グーグルで「中国 職人技」で調べたらこんな生地が出てきました。(記事を「生地」と間違えたわけもここを見ていただけると解消します)(笑)http://www.geocities.jp/xiaokobamiki/mend.htm
#mQop/nM.凧男URL [コメントの修正]
369  Replies  2008.09.09 Tue 08:54 
●しぇぽさん

昨日は日中にパソコンを開けなかったので伝えられずすいませんでした。

せっかく「コンコルド広場の待ち合わせ」(ん十年前!)に引き続き「天安門広場の待ち合わせ」が実現するかというチャンスだったのに、ちょっと遅かったですね~。残念です!

しぇぽさんの写真ブログ、「お絵描き」が加わってますます楽しくなりました。
杭州もカメラマン心をくすぐる風景やら花やらがいっぱいですよ。夜の西湖の噴水ショーは花火大会並みの見ものかも?

せっかくコメントいただいた記録として削除せずに置いておきますね。


●凧男さん

北京で、マンションすぐ隣の市場の衣類修理コーナーをよく利用してました。市場で売ってるものは粗雑なつくりなのに、サイズ直しや修理を依頼するとそれはそれは見事に仕上げてくれました。
娘の卒業式用のブレザーの仕立ても外国人向けの高級なところを避けすぐ近所の中国人団地内の仕立て屋に依頼しましたが、これも文句ない仕上がりでした。
土産物屋の手工芸品を見ても実に器用で素晴らしい職人技に満ちてます。

中国人だってヨーロッパ人よりはよほど器用だと思うのですがね。うーん、「損得勘定」が違うのかなぁ。。。
370    2008.09.09 Tue 10:11 
え~!
あのブレザー、お仕立てだったのー?
びっくり!!
私もお直しは近所のお店によくお世話になっていますが、オーダーメイドは北京ではまだありません。
(上海ではよく作りましたが・・)今度つくってもらおっかな。
杭州は絹製品が産業だった(今もそう?)ので 服飾加工技術はいいかもよ。
一般的に北よりも南の方が おしゃれ度は高いですね。
今度、杭州メイドのお洋服を作ったら見せてね。
凧男さんご紹介の刺し子風の生地(日本の修理)を見ていたら、少数民族の手工を思い出しました。
ミャオ族の刺繍は有名です。
昔は女の子が生まれたら、小さい頃から針と糸を与えて、自分で嫁入り衣装も作ると聞いたことがあります。
もちろん、時代は変わり今は都会に働きに行くのでしょうけど・・・。
昔作られた着物をばらして、刺繍部分だけ切り取り、再利用して売られているものはよく見かけます。
それは見事なアンティーク手刺繍です。
中国でも古きよき伝統や技術は、経済発展という中にだんだん捨てられてしまう運命にあるのかもしれませんね。
#-のりりんの母URL [コメントの修正]







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/88-954c5f12
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。