無料
日本茶ペットボトル -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

日本茶ペットボトル

今まで日本メーカーの烏龍茶ペットボトルはありましたが緑茶は中国メーカーばかりでした。
そこへ待望の日本メーカーの緑茶が新発売に!
キリン緑茶 どん。

なんでも疑ってかかる悪いくせがついてしまうこの国、まずは一本だけ買って試飲してみました。
ちょっと香りが強くてエグ味がある気がしたけど、確かに日本の緑茶の味です!

で、喜んでまた買ってきました。
キリン緑茶 再び どん。

「日本の緑茶だよ!」って家族に飲んでもらったら、一口飲んですぐ

「うえっ!」って顔をしかめて。。。

あれ?おかしいな、と味を見たら、、、、、失敗でした。


さてここで問題。
上の写真のお茶と下の写真のお茶、どこが違っているでしょうか!
ぱっと見ではわからないですよね?(とメーカーの責任にする私。)

中国在住の方ならすぐ、
「2年も住んでてまだ間違えてるの?甘いわっ。」って思うことでしょう。
いえ、中国に住んでなくても「甘いっ!」って思いま・・・したよね?




※タイトルは「日本茶」としましたが、この緑茶って本当に日本のお茶なのかどうか私は知りません。
スポンサーサイト
FC2ジャンル : 海外情報  中国
 
 
Comment
 
256    2008.08.12 Tue 03:21 
うひゃひゃ、砂糖はいってるのね。今度キリンの生茶買ってきたら砂糖入れて飲んでみます。
麦茶に砂糖はそこそこ合うんだけどなぁ♪
#-冬眠前の森の熊URL [コメントの修正]
257  ●冬眠前の森の熊さん  2008.08.12 Tue 08:22 
麦茶なら私も昔は必ず砂糖を入れて飲んでました!
コーヒーに通じる味ですよね。

中国の緑茶ペットボトルには砂糖どころかレモンまで入ったものもあります。
こちらではペットボトル茶には砂糖入りが当たり前なのですが、せっかく無糖があるのに買うときにそれがわかりにくいのが不親切だと思うのです!
記事の写真で違いがわかりました?間違えずに買えます?

中国人だと間違って無糖買うと「うぇっ」ってなるのかなぁ??
261    2008.08.12 Tue 09:14 
半年前くらいだったでしょうか、キ〇ンさんがこの「生茶」を中国で販売するまでのドキュメントをみましたよ。「無糖でヘルシー」を売りに営業かけるのですが、販売店の人が一口飲んで「こりゃ売れない」って!(苦笑)でも若者層に受け入れられ、、、、って番組でした。最終的には砂糖入りも販売する予定と言ってましたが、とうとう出たのですね。ハンジョウは甘いお茶が主流なんですね。香港のコンビニは無糖のお茶が大抵2,3種類はあるので助かります。
262    2008.08.12 Tue 11:57 
私も間違えて「うぇ~」だったことありますよー。
抵糖、とか微糖とか・・・要チェックですねー。
(思わず写真を拡大してチェックしちゃったよー)
中国では香り、日本では味を重視すると言われるけど一般的に中国の人は渋み、苦味の強いお茶はあまり好まないと聞きます。台湾の茶道なんてまず香りだけを味わってだもんね。
茶葉は同じようなものなんでしょうけど、中国では焙煎し、日本では蒸す。
発酵させたら紅茶にもなる。まさにお茶の葉マジック~!
中国の人にも日本の人にもおいしく飲める商品開発って大変なんでしょうね・・・。
味の好みも地方によって傾向がちがうのは面白いですね。遺伝子?それとも環境?
#-のりりんの母URL [コメントの修正]
264  Replies  2008.08.12 Tue 16:45 
●まだむ

そのドキュメント番組、観てみたいっ!
熱いお茶には砂糖は入れないのに、そのお茶を携帯して冷めても平気で飲むのに、ペットだと甘くないとだめというのが不思議です。
私が売り込みをかけて「売れない」なんて言われたらその場で説教始めそう。。。

キ○ンは「午後○紅茶」が当たってるようです。香港でも?


●のりりんの母さん

甘いと分かってて飲むならいいんですけどね。
私は「変なお茶」も好奇心で買ってしまうことがあります。
ハチミツ入りジャスミン茶とかレモン入り緑茶とか。。。

中国人が携帯ポットで同じ茶葉に何度でもお湯をつぎ足して飲むのは味が薄くても香りさえすれば「お茶」として飲めるからなのね。
267  ドンマイ!!  2008.08.12 Tue 18:05 
プププッ。
私もやりましたよ。同じ間違い!
「生茶」は見分けずらいんですよね。

最近北京ではキリンの「茶舞」っていうのも
出ているんですが・・・
これなかなか美味しいですよ♪♪
#A8z7QkPg3兄弟ママURL [コメントの修正]
268  ●3兄弟ママさん  2008.08.13 Wed 05:56 
どうしてこんなに見分けずらいんでしょうね。

「茶舞」も先日買ってみました。「緑茶+白茶」って書いてあるこの「白茶」って何?
金木犀の香りのお茶ね。
270    2008.08.13 Wed 11:28 
初コメントです。
「無糖」と「微糖」は中国に来ると皆一度は失敗してますね。ワタシも経験しました…
お茶の国、中国で甘くすることやペットボトルで飲むことは邪道ではないのか?と思ってましたけど受入れられれば没問題なんですね。
それにしても「微糖」「低糖」という割には甘すぎじゃありません?
#jOj0vwQYJIZIURL [コメントの修正]
274    2008.08.14 Thu 20:07 
白茶 調べました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)は、福建省を起源とする中国茶。弱発酵茶。
一般に大葉種が用いられ、その若い芽にはビッシリと白い毛が生えている(名前の由来)。芽は一つ一つ手で摘まれ、萎凋が行われる。萎凋は地域により日光萎凋をする場合と室内萎凋をする場合があるが、共通している点として、紅茶のように送風機を用いない。発酵と言っても、烏龍茶や紅茶と異なり、自らの酵素による自己分解が中心となり、他の発酵茶のように酸化を中心とする反応ではない。萎凋が完了した茶葉は烘籠と呼ばれる竹で出来たバスケットで乾燥され、酵素発酵が止められる。白豪銀針は、茶葉が未だ熱い内に紙袋に入れられる。この目的は、茶葉が熱く柔らかい内に袋に詰める事で破損を防ぐためと、数日間意図的に蒸れさせる事で、更なる熟成を促すためである。但し、この工程は非常に熟練の技を必要とし、多くの白茶は「ムレ臭」を伴う。 最高品質の白茶にはムレ臭が無く、色も均一なヒスイ色をしている。灰色や褐色化した白茶は、萎凋の際に層が厚すぎたり、取り扱いが乱雑だった事を示している。
多くの中国茶とは異なり、揉みこむ工程がないために茶葉そのままの姿で出荷される。淹れる際には耐熱ガラスに90度前後のお湯を注いで飲むのが一般的。茶葉が竹の笹のように上下するさまを楽しむことができる。また、冷たい水で淹れても美味しく飲める。
香り・味わい・水色ともに上品で後味がとても甘い。また、白茶には宿酔い、夏ばてに効くといった効能や解熱作用があるといわれている。
主な物に白毫銀針・白牡丹・寿眉などがある。
なお、インドやスリランカでもここ数年、差別化・ブランド化の一環として白茶生産を開始する事例が出てきた。
日本ではあまり飲まれない珍しいお茶だが、2005年にアサヒ飲料が、2006年に大塚ベバレジがペットボトル飲料として発売している。
(以上wikiから)

萎凋(ウェイディアオ)
「いちょう」と読むそうです。(知らなかった、、、)萎縮して凋(しぼ)むですね。まるで会社と家での私の立場のよう。。。涙)))
URL参照。 http://www.tako.ne.jp/~a3-mori/chinese-tea/ch_about/howto_make_dic.htm
「茶葉の水分を飛ばし、しおれさせること。太陽に当ててしおれさせる「日光萎凋」と、室内でしおれさせる「室内萎凋」とがある。」とのことです。

なお、発酵は酸化のひとつです。急激な酸化=爆発、中くらいの酸化=燃焼、緩やかな酸化=発酵または腐敗(両者は化学的には同じものですが、人体に無害(あるいは有益)又は有害かで判断されます。為念。

では、これにてバイチャ(パイチャのパロです)
#-ドクトルティーウォーターURL [コメントの修正]
277  Replies  2008.08.16 Sat 06:35 
●JIZIさん!

コメントありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

夫の説だと中国人の感覚では「お茶⇒熱い」「ペットボトル⇒熱くない⇒ジュースと同じ⇒甘い」のだそうですが、どうなのでしょ。
今回乗った飛行機のドリンクワゴンには「王老吉」の業務用パック(あの緑のパッケージのでっかいやつ)があって結構飲まれてました。

中国に来た当初は「微糖」「低糖」があるなら「標準糖」があるかと探してしまいました。


●ドクトルティーウォーター(笑)さん

「白茶」ってそういうお茶なのですか!お茶って本当に多種多様なんですね。蒸し臭のないきれいな白色の白茶、単独で飲んでみたくなりました。
2005年と2006年に日本でペットボトルになってましたか。さすが日本。でも気づきませんでした。残念。

「中国茶の製造用語」、緑茶の有名産地ハンジョウにいるし、これは要チェックですね。ありがとうございます。







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/69-8df4be79
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。