無料
【雲南3泊4日の旅・3】大理 -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

【雲南3泊4日の旅・3】大理

麗江から大理まで約200km、車で移動。
雲南旅行印象麗江←麗江の町に入る場所にこんな看板が。
   「 印象・麗江
ちょっと写真がぼんやりしてて見にくいけどこのポスター、左側の三人に見覚えあり!
印象西湖ポスター

そう、我らが(?)印象西湖トリオ!→
「印象麗江」も観てみたかったなぁ。。。
ちなみに麗江はこのチャンイーモー監督・高倉健主演の映画『単騎、千里を走る』の舞台になった町だそう。

雲南旅行さてさて我々5人とガイドさんを乗せた車は「やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる煙の細くたなびきたる」を見ながら麗江をあとにした。やっぱり西側の日の出は遅い!
←地上の霧が、これから上がる太陽に照らされてる部分とまだ山の影になってる部分とで明暗がくっきり。写真じゃわかりにくいけど広ーい大地でこの様子を見渡すと地球と太陽の大自然を感じる。現地を味わう醍醐味。
雲南旅行
山道に入ると段々畑が見える。これもずーっと広がっていて、飛行機から見えたときに地上に描かれた大規模芸術模様みたいできれいだった。

雲南旅行大理大理に近づいてくると家々の壁や塀に墨絵のような美しい絵や模様が現れる。沿線の農家、民家、店がみーんなこのトーンで統一されてて美しい。中国は農村ごとにこういう特徴があるけど、彩色好きな中国にあってこういう白黒は初めて見た。

トイレ2時間くらい走ったところで日本の「道の駅」みたいなのがあり、トイレ休憩。仕切りだけでドアのない、よくある中国式トイレ。日本人には抵抗あるけど、掃除は行き届いてて清潔。→
ドライバーさんとガイドさんは道中ずーーーっとしゃべってたけど、あとから聞いたらドライバーさんが眠くならないようにガイドさんが頑張って話続けてくれてたらしい。嬉しい配慮。
雲南旅行大理雲南旅行大理雲南旅行大理
更に走って、昼食をとったのはここ、「兄弟漁庄」。なんでこんな名前で舟があるかというと、写ってないけどこの写真の向こうに全長42kmの長ーい湖「洱海」がある。
地元の食堂でメニューはなく、厨房横の食材置き場に行って食べたい食材と調理法を注文。厨房まで入って「辛くしないで」とか細かい味付けなども指示もできる。全部ガイドさんにお願いしたけど。おかげで地元名物(湖の魚)も取り入れながら子供たちも満足できる味の我が家向けスペシャル料理をできたてアツアツでいただけた。
食べる場所は中庭。冬なのに屋外!屋外なのに大理石の床に大理石のテーブル!!

実はこのツアーを少しでも安くしてもらうために、旅程に組み込まれてたランチを予め全部フリーにしてもらった。これで観光客向けレストランじゃなくその辺の小食堂で好きなように食べられるようになり、金額の節約になるだけじゃなく味本位で選べて(地元ガイドさんに教えてもらうので間違いない!)時間の融通もきいて結果的に大成功だった。夕食も全部フリーにしてもらえばよかった。
雲南旅行大理雲南旅行大理雲南旅行大理
大理で最初に行ったのは『胡蝶泉公園』。なんと桜が満開だった。この辺では桜→桃→梅の順で咲くそう。
大理には少数民族の白族が住む。今回麗江から大理までずっと一緒だったガイドさんも白〔バイ〕族(←ガイドブックには「ペー族」と書いてあったけど標準語でも地元でも「ペー」とは発音しないそうな)。園内ではおば(ぁ)ちゃんたちが自ら刺繍を施した美しい民族衣装に身を包み、観光客に衣装レンタルする商売をしてた。何歳まででもこんな衣装で着飾る日常なんて幸せだと思う。
白族のこんにちはは「ニチュ」さようならは「ベオ」。
ここには「領主に追われた男女が身を投げたら一対の七色の蝶とその他の無数の蝶が次々に飛び出してきた」との伝説の七色の泉があり毎年祭りが行われるという。それで蝶の温室があり、中は冬でもまさに蝶だらけで次男はなんとか手に留まってもらおうと蝶を追い回してた一方、長女は悲鳴を上げて逃げ回っていた。
長男は一匹のオオカマキリをみつけた。その下に蝶の羽がいくつも落ちていたのがなんか生生しかった。。。

次は、、、藍染工房だったかな?
スポンサーサイト
FC2ジャンル : 海外情報  中国
 
 
Comment
 
1979    2010.01.23 Sat 12:32 
胡蝶泉公園、懐かしいです~。
ここで着たか記憶は定かではないのですが、
珍しく少数民族の衣裳着て写真撮ったりしてました・笑
ワタシとしては、かなり珍しいコトです。
藍染も買ってしまいましたし…

ランチの選択、上手いコト考えましたね~。
金額かかる割に、あまり美味しくもない、冷めた料理が続くのもストレスですもの。
1980  ●JIZIさん  2010.01.25 Mon 18:51 
胡蝶泉公園の中の写真もいっぱいありますよー!
両脇に笹が植わった小道、2人が身を投げた伝説の泉、蝶々の温室の周囲から浮きまくったデザインの入り口、蝶々だらけの温室内、恋人たちの願掛けのハートの、、、匂い袋みたいなやつ(何ていう物?)、そして「おかしな日本語」看板、etc.....
JIZIさんがいらした頃と変わってる点、変わらない点を比べるのも面白そうですが。

ランチは大正解でした。だって、ツアーに組み込まれていた一食分の価格ってローカル食堂では考えられない高額なんですもん!!
そういう細かい希望が通せるオリジナルツアーってのも中国にいるうちならではですよね。。。
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/379-134e0a8d
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。