無料
スリ! -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スリ!

今朝子供たちを通学バス停留場所まで送った帰り道、開店前でまだガランとしているスーパー駐車場を横切って歩いてたら向こうのほうで男性が騒いでる声が聞こえた。
見ると、私から50mくらい離れた向こうのバス停でおじさんが手を振りながら大声を上げている。

ん?でもおじさん、まっすぐ私を見てる???

歩道から離れていたので私の周りにほかに人はいない。人違いのはずはなく、明らかに私に向ってなにか叫んでる。

何かを指差してるのでそちらを振り向いたが、特に何もない。若い男性が一人立ってるだけ。

・・・・・・・・あっ!!

とっさにバッグを見た。半開きになってる。中の携帯電話や財布は無事。

もう一度若い男性を見た。顔は見えたけど視線は合わない。黒い革ジャンで、顔つきがこの地の人ではない。じっとみつめてたらゆーっくり向こうに向きを変え、何でもないように一歩、二歩、向こう歩いていって、でもまた立ち止まった。

あの人、スリだっ!!

ちょっと前、郵便局の近くで目撃したのでした、人の背後から不自然に手を伸ばしてる若い男性を。
狙われてる本人は全然気づいてない様子だったけど私から見たら「???」って状況。
そのときは初めてのことで何してるかわからなかったのだけど、そのちょっとあと、気づかずに歩み去った男性がすごい形相で走り戻ってきて「財布ー!財布ー!」と叫んでいたのでわかったのです。
思わず「あの黒い人!」って教えてあげたけど、男性がすぐに「僕の財布返せー!」って追っても黒い男は逃げるそぶりは全く見せず、悠々と歩いてるだけ。
実はその少し前に黒い男は別の女性と少し一緒に歩いて、盗られた男性が叫びながら戻って来ると女性だけ消えたんです。
盗られた男性が黒い男に追いついて問い詰めてもやはりしらばっくれてる模様。きっともう財布は女性に渡してしまってて持ってなかったのでしょう。

・・・・あのときの黒い男と同一人物ではないけど、スリはスられてる本人にはわからなくても周りからはバレバレな様子で平気で犯行に及ぶこと、直後にバレても実に平然としてること、独特の雰囲気(『シン ンレン』と、ハンジョウなまりのカタカナ書きしときます。。。)があること、などがあのときと一致してるので、ピーンときたのです。

バス停のおじさんは男が私の後ろからバッグに手を伸ばすのを見て教えてくれたのでしょう。
あとからバス停を見たら、もうこっちを見てる人はいなくて、どの人が教えてくれたのだか分かりませんでした。
それにしてもあんなに離れたバス停からよくぞ叫んで教えてくれたものです。

おかげで何も盗られずにすみました。
おじさん、ありがとう!

これからは中国人がいつも声が大きいことを決して悪く言うまいと心に誓いました!(違


※以前に紹介しましたっけ?北京のともこさんブログ「週刊中国的生活」の、抱腹絶倒「中国人の目から見た中国地図」をまた思い出しました。
「シンザン」について、悲しくも納得してしまいました。
スポンサーサイト
FC2ジャンル : 海外情報  中国
 
 
Comment
 
1884    2009.12.07 Mon 21:17 
その節は・・・。
ありがとうございました。
無事?本社に復帰いたしました。

私が見たのは子供を抱えた女性のスリでした。
財布をスッたのを見つかりそうになったので、
財布を地面に落として拾った振りを装って
その場を取り繕ってましたが、実は携帯電話も
スッていたようで、スラレタおばさんが大騒ぎしてました。

というおいらも、2年ほど前にMP3を聞きながら街中を
歩いていたときに、ヒップバックから財布をすられました・・・。

#-麒麟URL [コメントの修正]
1885  世界で一番歴史の長い…  2009.12.08 Tue 05:14 
掏りもスゴイですが、それを大声で教えてくれる人がいるところが中国らしいですね…。日本だったら「見ても見えないふりをする…」でしょうから!昔々、イギリスの王様が「私たちは世界で一番歴史の長い職業の一つについておりまして…」というジョークを話していました。この時のジョークのネタは「歴史の長い職業⇒王様⇒売◇婦を暗示」ということだったそうですがこれに「掏り」を加えましょう。日本でも掏りはいますが実害にあったことはありません。妻はアメリカでショッピング中に財布を掏られました。掏りに備えて?カード等はホテルの貸し金庫に入れてあり実害は少なかったのですが…。
#mQop/nM.凧男URL [コメントの修正]
1886  なぜかな?  2009.12.08 Tue 10:07 
北京に来て今までスリに遭ったこと、遭いそうになったことありません!
気付いてないだけ?

やっぱり小柄で人のよさそうな人に近づくのかな?
狙われやすいから外出時はいつもしかめっ面して歩きなよ~!!
なんだか私のほうがハラハラドキドキしちゃうよ。
#A8z7QkPgかずみっふぃ~URL [コメントの修正]
1890    2009.12.08 Tue 18:17 
 『スリ=シンザンレン』っていうのは、大連の中国人の間でも常識?となっています。もちろん全ての方がそうではないと思いますが・・・。
 こちらでは、その民族の方が多くいる場所があり、露店など出しています。顔が少し違いますね。私が掏られそうなった時も、やっぱり男女のカップルでした。
 
 時々、御節介!って思うこともあるけど、こんな時に叫んで助けてくれる中国の方の親切心と勇気、感動ですね。
#IwiPhfUQ足球ママURL [コメントの修正]
1891    2009.12.09 Wed 08:21 
私も上海でお財布掏られたことあります。
お金を出そうとしてお財布がないことに気づきましたが、
いつやられたのかまったくわかりませんでした。
さすがプロ!(褒めたらいかん!)
でも、お金をだけ抜かれたその財布、捨てられた後、
無事に返ってきたんです!
クレジットカードやらいろいろなカードは無事でした。
助かった~!
住んでいたマンションの会員証が入っていて、
それを手がかりに白バイのお巡りさんが電話してきて
くれた時は、本当にびっくりしました。
お巡りさんと待ち合わせて受け取ったときはドキドキしました。
白バイカッコ良かったな。
#-のりりんの母URL [コメントの修正]
1893  Replies  2009.12.11 Fri 08:39 
●麒麟さん

MP3聴きながら街歩きなんて、いろんな意味で危ない!
子供を抱えた女性といえば、ローマでは堂々と人のバッグの中に手を突っ込んできて物を取って行きました(たぶんジプシー)。怒っても全然聞かないし、バッグを反対に回すとそっちにも同じような子連れの女がいて手を突っ込んで来るのでどうにもなりません。あれに比べれば「スリ」はテクニックも具えてるし危害加える意図ないし気づけば諦めるし、まだ良心的な気がするのです。

もう日本にいらっしゃるのですね。やはり見送る側は寂しいです。でも引き続きハンジョウ情報や思い出話を聞かせてくださいね。
こちらこそ本当に色々お世話になりました!!
85℃のパンがほしくなったら言ってください。(え?いらない?)


●凧男さん

そう、スリはどこにでもいますがあの距離を大声出してわざわざ教えてくれる人がいるってところがすごいですよね。中国人の善意と声の大きさを改めて見直しました。
普段でも「かばんの口が開いてるから危ないよ」とか「自転車のかごに荷物を入れるときは持ち手は必ずハンドルにかけなさい」とか、何かと声をかけてくれる中国人です。

カードでバンバン買い物する奥様方もいらっしゃる中、カードをわざわざ置いてショッピングに行くとは、いい奥様ですね!


●かずみっふぃ~さん

北京歴10年(だっけ?)でスられてないのはさすが!
やはりかずみっふぃ~さんのそのオーラはスリを寄せ付けないのでしょう。(ムププ
私もこれまでの数々の都市では、あのジプシーだらけだったローマでさえも、無被害で乗り切ったのに、中国に来て気が緩んだのかしら?


●足球ママさん

「シンザンレン」は代名詞になってしまってるよね。。。
あのとき、叫んでくれたおじさんがわからなくても私も「ありがとう!」って叫び返しておけばよかったってあとから後悔しました。
実は将来私も「おせっかいおばさん」になりたいってのが密かな目標なんだけど、日本じゃ歓迎されないかしら・・・?


●のりりんの母さん

いや確かに腕のいいスリには被害に遭っても思わず感心しちゃうよね。私もケータイを盗られたとき(以前の記事)のことは未だに信じられない思いですもん。

白バイのお巡りさんと待ち合わせして、のりりんママさんはお巡りさんじゃなく「白バイ」が格好いいと思ったのね??いかにものりりんママらしい!笑
で、その白バイは上海でも「ヤ○ハ」だった?(ちなみにハンジョウでは白バイはすべてヤ○ハです。)
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/358-e2a4dde5
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。