無料
「拝年返し」中国人家庭に潜入! -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

「拝年返し」中国人家庭に潜入!

さて中国人シャオさん(仮名)の拝年を受けた翌日、来てもらったら次は訪問するとの中国の習慣どおり、シャオさんのお宅を訪問しました。
ハンジョウ市街地で一番大きい・・・というとどの団地か特定されちゃいますがそれでもピンポイントではどの区画かわからないほど大規模な国営団地の一角です。エレベーターなし6階建ての団地の4階。

昔映画で見たような鉄格子と木との二重扉。ドアを入るとすぐ居間となっており、右側に台所と作業部屋、左側に広いベッドルームが二部屋ありました。それぞれダブルベッドを置いてなおタンスや机を置ける広さ。洗面所とシャワー場が一体で、お風呂はないようでした。中国では風呂は一般的ではないようです。

拝年寒いのに暖房はつけてませんでした。これも一般家庭はそういうものと聞いたとおり。うちの子供たちが寒がったので部屋の隅に置いてあるエアコンをつけてくれましたが、普段は使ってないらしく、(っていうか夏の冷房用らしく、)いつまでも温かい風は出てこないので止めてもらいました。
国営団地でも内装は最初に買った人が好きなようにできるらしく、ここは洋風の浮き模様の施された天井となってました。でも今はこういうのは流行らないとのこと。結構見事な左官技術だと思うのですけど。

シャオさんは家の中を案内してくれたあと、今度は外の様子を見せてくれました。築10年ほど経っており、大通り側の外装は大掛かりにニューアルしてタイル張りにし、色を統一して見た目を良くしたそうです。
そういえば我が家の近くの団地でも外装をリニューアルしてるなぁ。
すぐ近くに郵便局、小学校、大型スーパー、大病院があって至極便利そう!シャオさんは我が家のマンションよりもこっちの方がずっと便利だと胸を張ってました。不要な謙遜をしないのが中国人流です。
「でもここは会社から遠い!うちの方が会社に近い!」と対抗する夫。。。。。ぷぷ

周囲の環境をひととおり見せてもらって部屋に戻り、昼食。シャオさんのご両親が同居していて、お二人が食事を用意してくれました。
拝年
ばばーん!

この薄切りにされてるのが豚や鴨を醤油で煮て干した、こちらの正月用の食料です。あの、いたるところに吊るされてた鴨はこうやって食べられるのですねー。
保存食で、拝年に来た客にも切り分けるだけですぐに振舞えるのでとても便利とのこと。なるほどその通りです。
拝年

←うちの子たちが悲鳴を上げた鶏の足。



拝年

←シャオさんの妹が住む地方の(だっけな?)魚料理。



拝年


←同じく、魚のすり身の料理、つまりかまぼこ!蒸したてあつあつでふわふわでおいしかった~!

どれもお酒と一緒にいただくようなお料理でしたが、お願いすれば白いご飯もいただけました。

おなか一杯いただいたあとは、片付けはまたご両親がしてくださり(かたじけない!)、シャオさん家族とうちとで近くの山歩きにでかけました。
山歩きは前日から話していたことだけどこの日はあいにくの小雨になってしまったので、ひょっとしてだめかなと思ったのですが、この程度の雨など気にしない中国人、何の躊躇もなく決行です。
ハンジョウの名物「西湖」が美しい景色を誇るのは三方を小高い山に囲まれているためです。
ハンジョウが京都に似てると言うのもこの山々と点在するお寺がそう思わせるのでしょう。
拝年その山の一つに上りました。ちゃんと山道が整っており、登りやすかったです。雨なのにほかにも結構人が来てました。ほどなく頂上につきましたが雨のため景色はなーんにも見えなくて残念!!あずまやに傘を置いておしゃべりに興じてるお年寄りの人たちがいました。あとからパラパラと人がやってくるたび、「お帰り~!新年快楽!」と挨拶しあってたので、どうやらここの常連さんたちのよう。山の上がお年寄りのたまり場?健康的でよきことです!

子ども達はいつの間にかポケットに忍ばせていたらしい風船を膨らませ、1人ひとつづつ茂みに向かって打ちおろして、誰の風船が先に割れるか、という競いっこをしてました。環境によろしくないとは思いながらも、年の差も天気も関係なくいつでもどこでも遊んでしまう子ども達に感心。

湖も花も見えないし、すぐに山は下りました。ふもとは浙江大学の構内になっており、そこを少し散策。蝋梅がきれいに咲いてました。奥さんが花や木の名前に詳しく、いつになったらどれが見ごろだといろいろ教えてくれました。シャオさんも、また一緒に山歩きをしようと言ってくれました。賛成♪

シャオさんちに戻る頃はちょうど夕食の用意どき。今度はシャオさんの奥さんが水餃子の作り方を私に教えてくれました。
粉をこねて皮をつくるところから始まり。奥さん手早い!大きな洗面器いっぱいの粉に水を入れていってたちまち生地が出来上がり。かなりの力仕事のはずなのに、奥さん、全然平気顔。

拝年続いてギョウザの具(中国では「餡」と言います)。水分が出過ぎなくて良いからと、青梗菜を刻んで豚ひき肉と調味料を混ぜてできあがり。中国の水餃子ではニンニクは入れません。

ここからは隣の作業部屋での仕事。30分ねかせた生地を、今度は少しずつとって細長く棒状に伸ばし、親指を使って長さを一定にしながらちょんちょんちぎっていきます。それを手のひらで軽くまるめてつぶし、めん棒でうすくのばします。ここが一番コツのいるところ!グズグズしてると生地がどんどん乾いていってしまいます。左手でめん棒、右手で生地を回しながら「周りを薄く中心(底になる部分)は厚めに」しながら円形の皮を作っていきます。皮を作ったそばから具を包んでいきます。これなら私も!と思ったけど、日本の焼きギョウザ風の包み方とはちょっと違い、「上手上手!」とは言いながら何度も直されました。。。

私は皮の方をやっても、餡包みをやってもたちまち作業が滞ってほかの人たちを待たせてしまいます。大量に作らないといけないのでモタモタしてちゃいけないんですが。
作った餃子はザルの上にしいた紙の上に並べられていきました。いっぱいになるとご両親が台所に運んでいき、ゆでていきます。ゆであがったものは居間で待つ人たちの口に!
全部包み終わってやっと私も食事にありつけました。
中国では水餃子だけで食事になります。具にしょうゆ味がついているので食べるときは酢(中国の黒酢)だけにつけて食べます。おいしい♪♪
しっかりした歯ごたえでありながらとろけるような皮に、新鮮な肉と野菜の具の大きな水餃子を口いっぱいにほおばって食べると、それはそれはもう幸せ~♪♪
ギョウザのゆで湯も、最後には容器にこびりついた粉を入れて味をつけてスープにしていただきます。日本のそば湯みたいなもんでしょうか。これもとろみがついてておいしかった!

冷たいままの干し肉よりも、こちらの方が体が温まります。正月料理はやっぱり北方の水餃子に軍配!

いや、でも、この日はシャオさんのご一家の心温まるもてなしがとてもとても嬉しく、楽しい一日を過ごすことができました。貴重な体験でした。

おもてなしはやっぱり「心」ですよね!。。。。。。。。。(と半ば強引なまとめ。)

スポンサーサイト
FC2ジャンル : 海外情報  中国
 
 
Comment
 
1041    2009.02.18 Wed 10:12 
私達も北京に住んでかれこれ3年近く。沢山のお友達ができましたが、こういう地元のお友達が残念ながら北京ではいません。貴重な(?)経験ができてよかったですねえ!
#-MeijiaURL [コメントの修正]
1043    2009.02.18 Wed 10:44 
なかなか出来ない経験ですね!うらやましい~。私は杭州の家常菜が大好きです。鶏の足は何回見てもぎょっとするけど、コラーゲンの多い鳳爪(フォンジャウ)は香港ではとても女性に人気の料理だそうで、私も杭州で竹家庄避風塘という香港料理のお店で食べた鳳爪が美味しくて(タレに漬けカタクリ粉をまぶして揚げ、さらに甘辛いタレにからめてありました)それ以来大好物になりました。お正月の水餃子、こちらで食べましたよ~。餃子の中身が何十種類もあって、感動しました。ゆで湯も飲むんですね。作るより食べるのが大好きな私、美味しいもの発見したら、是非また教えてね^^
#IwiPhfUQ足球ママURL [コメントの修正]
1046  Replies  2009.02.18 Wed 17:21 
●Meijiaさん

中国に住んでるのに意外と中国人の友達ってできないのですよね。
思い返すと個人旅行ではよく個人宅に呼んでもらいました。住んでるとかえって面倒な付き合いが頭をよぎってしまうのかな。
私も中国に来て3年経とうとしてる今回が初の地元住宅の訪問でした。
あの幼稚園の方々のとびきりの豪邸では、とても「地元の」とは言えないですもんね。。。


●足球ママさん

ついに念願かなった!って感じです。このあとも浅くていいから長くお付き合いできればいいなーと思うのは日本流でしょうか??言葉をもっともっと磨かなくては!

「竹家庄避風塘」探して行ってみたいと思います。
うちから北に少し歩いたところにも香港料理の店があるのだけど、家族の賛同が得られずまだ行ったことありません。。。
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/187-210c3462
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。