無料
《5都市周遊ツアー①》 空港バスで一睡もできず -      ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り
 

     ドタバタ主婦の中国杭州(ハンジョウ)便り

2008.4~2010.3、美しく豊かな杭州滞在記。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

《5都市周遊ツアー①》 空港バスで一睡もできず

【一日目・1月1日】ハンジョウ→上海:浦東空港→蘇州:ホテル

成田発の飛行機の上海着陸予定が17:20。そこからすぐバスに乗って蘇州へ移動というのでなんとしても空港での待ち合わせに成功しないといけません。

11:30にハンジョウの家を出て路線バスで市内へ。「武林門」というところから上海の空港まで直通のバスを利用しました。一時間おき、大人1人80元(=約1200円)。
12:30(のちょい前)に出発、一路上海空港へ!

旅行の前って荷造りのほかに留守前の家の片付けもあって慌しいですよね。気分良く帰って来れるようにできれば掃除、洗濯物干しまできっちりしておきたいところ。
なので前日も夜遅くまで何かと片付けをし、当日も早朝から洗濯機を回してました。
足りない睡眠時間は移動のバスの中でたっぷりとれると思って。

なのに、あてにしてたその空港バスでは見事「おしゃべりおばちゃん」につかまってしまいましたー!

見るからに「裕福マダム」風な身なりのそのおばちゃん(推定年齢50)は、日本に留学して卒業後は東京で店を開いて商売をし、計12年間滞在したとのことで「だいぶ忘れたね」と言いながら日本語ペラペラの中国人。
今は中国でアメリカ製のサプリメントを販売する商売をして成功しているらしい。
ちなみに株も持っていたけど今の暴落前に売り抜け、全然損はなかったそう。
「中国の株価は今年の5月に持ち直すよ!そしたらあたしもまた株買うね。欲を出すのはだめ。少し値上がりしたらすぐ売ってちゃんと利益を確保すること。」
どんな根拠があるのか、しきりに「5月、5月」と強調してました。
マンションもいくつか持っているらしい。
「今どこに住んでるの?引っ越したかったらいいところ紹介してあげる!」と言われました。

ご主人は日本人で千葉県に住んでいて、毎年お正月とお盆に中国に来て一緒に過ごすそう。
息子さんが現在中1で、日本国籍で6才までは日本にいたけど今はこのおばちゃんと一緒に中国に住み、中国の学校に通って日本語はすっかり忘れてしまったとのこと。
お父さんは中国語が全くできないので、父子では言葉が通じないというわけです。あまり気にしてる風でもなかったけど。

このバスに乗ったのは、そのお父さんを迎えに空港に行くのに汽車に乗り遅れてしまい、急遽バスに切り替えたと。バスが出る時点でもうお父さんは空港に到着してる時間です。
お父さん、中国語も話せず中国で使える携帯電話も持ってないとのことで、空港で独り、ずっと迎えを待ち続けるのでしょうか。ひとごとながら気の毒になってしまいました。。。

そのお父さんを待たせてる不安を忘れるためか、とにかくこのおばちゃんずーーーーっとしゃべり続けてました。私も興味深く聞いてたのけど、途中から話が「宗教」掛かってきてなんとなく胡散臭く・・・。
「最初は信じてなかった」「念仏を唱えてたら夜、手が光るようになった」「人に金を貸したら大金が返ってきた」「今日汽車に乗り遅れてしまったのはこのバスであなたに巡り合うためのお導きだったのだ!」
最初は「へぇ~、中国でもこんな世界が・・・」と聞いてましたが仏の導きをやたら金銭の儲けと結びつけるのが鼻についたのと、この話ばかり何度も繰り返すので飽きてしまい、「これ(仏の解説の本?)あげる」「今度一緒に○○へ行きましょう!」など押し付けがましくなってきたのでちょっと嫌になってしまいました。
そんな様子もちゃんとわかったらしく、「あたしがしゃべりすぎて疲れたでしょう。ごめんね。休んでもいいよ」って言われ「休むのは水も飲まずにしゃべり続けたあーたじゃないのっ?!」って呆れながらも寝てしまおうと思って目をつぶったら、1分もしないうちにトントンと肩を叩かれ、「ねぇ、あたしね、・・・・」とまた延々と話続けられる始末。。。。

結局このおばちゃん、出発から上海浦東空港まで3時間15分、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとしゃべり続けてました!!!
最後はバスが通過しそうになったゲートで降りると言ってさよならも言わずに慌しく降りて行ってしまいましたが、あのあと無事ご主人と会えたのでしょうか。
実は連絡頂戴と言われて名刺を受け取ったのだけど、どうしようかなぁ。。。。。


我々は無事空港のあらかじめ言われた到着ロビーに着き、現地添乗員さん、それから日本から来たご一行様と落ち合うことができました。
添乗員さんはハルピン出身という、背の高い上品な「東北美人」さん。日本語もゆっくりはっきりしっかりして聞き取りやすくとても良かったです。

一行がゲートから出てきたのが18:00近く。
宿泊する蘇州のホテルまでは2時間かかるとのことで、夕食は空港施設内の食堂で四川料理。
うちの子は「えーー!日本人なのに中華料理なのぉ?」と不満がってました。
本場中華料理を食べ慣れた(と言うほどでもないけど)我々から見ると四川とは言ってもぜーんぜん辛さを抑えた料理ばかりで、猫舌(=hotは苦手)の私でもおいしくいただけました。
それでも日本から来た方々は「辛い、辛い」と。。。
ツアー中の料理全部、メニューも味もだいぶ日本人向けに調整されてると感じました。おかげでどこでも安心しておいしくいただけました♪

蘇州のホテルに到着したのは21:00頃。
祖母にとってはもう就寝時間ですが、さっそく祖母と叔母の部屋に呼ばれ、日本からのお土産をいっぱいいただきました♪
カバンに入りきらずに袋をいくつも持ち歩くことになりましたが、バスに積みっぱなしにしとけばよかったので助かりました。お菓子は道中でもかなり減りましたし。
効果が長持ちする日本のホカロンも大活躍でありがたかったです!


・・・これが今年の元旦。
一応親戚も集まって、みんなで年明けの挨拶をして、子ども達は旅行中に好きなものを買えるお年玉をいただいて、、、
こんなにぎやかなお正月もいいものだと思いました。
スポンサーサイト
FC2ジャンル : 海外情報  中国
 
 
Comment
 
860    2009.01.09 Fri 14:05 
話の内容をそこまで記憶しているということはpeaさん
がちゃんと話を聞いていたということですね、そっちの方がすごいかも(笑)

私の周りにも長話の人間は居ますが話す方は案外楽みたいなんですよ、精神衛生上大変よろしいようで・・(^^;)

そうそう前日のレスになりますが

私の日記なんて大雑把ですよ、性格同様(^^)
カレンダーの空欄に「何した どこ行った」だけ(笑)

ただ物を捨てられない人間で「遠足のしおり」とか全部残っているので(笑)記憶を呼び起こすのに役には立ってますかね(^^A)手元にある写真やパンフは一応全部ホムペにアップしてます。

今思えばそれでもあの当時が一番まめだったかもですね(笑)
#uebO3AU.風想逢劫URL [コメントの修正]
861  ゴウモン  2009.01.09 Fri 15:49 
かつて会社幹部の御講話を90分聞かされて、これって拷問かと感じたことがあります。(しかもGW中に!)
千葉の日本人のお父さんはマシンガントーカー母さんから離れてほっとしてたんじゃないかなってのはいけない考えでしょうか?(笑)
それにしても、peaさん聞き上手ですね。
とら坊だったら、居眠りしてしまうか、お菓子をあげて口封じかな。
#-ジョンとら坊URL [コメントの修正]
862  Replies  2009.01.09 Fri 22:11 
●風想逢劫さん

話の内容はおおむね面白かったのよ。事業の話とか身の上話とか教育についての考え方とか色々。「中国は道徳が素晴らしいから・・・」とか言うので仰け反りそうになったりとか。。。
バスに乗ったときにほかのおじさんが私に話しかけてきたとき、その人には「日本人女性って知らない人とあまり話したがらないものよ」とか言ってたしなめてたくせに、自分はずーっとしゃべり続けってのがまた可笑しかったよ。

そうそう、おばちゃんに最初私は日本人と思われなくて、日本語を話したらすごくびっくりされてしまいました。「あなた日本人に見えない!」って。。。
「外国人をだます悪い人に狙われないですむからいいわね」とか散々「見えない、見えない」って言われました。むむー。。。
旅行中祖母には「あなたもうちょっときれいにしなさい!」ってたしなめられたし、この国の気楽さにどっぷり浸りきって中国人に同化してきちゃったかな??まずいかしら・・・?

風想逢劫さん「当時の遠足のしおりとか全部・・・」って、すごっ!!


●ジョンとら坊さん

あのおばちゃんのご主人、離れたときはほっとしても、しばらくするとやっぱりにぎやかなのが恋しくなってくるのでは??

とら坊さんなら負けじとしゃべり返すかと思ったのですが・・・・。
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]
863    2009.01.09 Fri 23:14 
おばちゃんのお相手、、お疲れ様でしたっ!(笑)

昔、飛行機の中で、いつも通りアルコールを楽しんでいたら、
オーストラリアで開かれるカクテルの大会の審査員を
するというおじ様が、お酒とはなんぞやっ!
カクテルの奥深さを語りだし、、
私がタヌキ寝入りするまで4時間ですよ、、
話しは面白かったけど、、辛かった、、(涙)

あれぇ~本場に行っても、四川料理は日本人向けなんですか?あ、、そうか日本からのツアーにご参加でしたね。一度噂に聞く痺れるくらいの四川料理を食べてみたいなぁ~(夢)
864    2009.01.10 Sat 03:03 
旅への出発から、お疲れさまでした。・・・空港へのバスの車内、臨場感溢れて情景が目に浮かぶ様です。
御親族皆さんとの旅道中の続編、楽しみにしています。

私事、10年位前になりますが、職場上司から唐突に、「あ、そうだそうだ君居た、来週から北欧ドサ周りして来て~ 用件?とりあえず10日間巡回して来ればいいだでよ・・・」
何じゃそれ?? と思いながらも渋々承ってバタバタ準備をしてから、出発当日往路の機内で席を隣り合わせた紳士が『お喋り大好きオジ様(JALが何処経由でも取れず、唯一空席が残っていたスカンジナビアで・・・日本人ぽい乗客どうも私だけ?)、機中爆睡して体力温存を、と思っていた搭乗時間の大半が、オジ様とのQ&Aで費えてしまいました。
(欧州に本拠を置く多国籍電子機器メーカーの方の様で、極東市場での定例会で、年に数回日本へ出張されている、辺りから始まって延々四方山話に至り・・・)
色々お話しましたが、一番印象に残っているのは、
「日本人は、西洋料理でのテーブルマナーを気にし過ぎ、特にナイフとフォークの使い方。フォークは左手で・・・なんて別に規則でも何でもないし、自分で食べ易い様に左右持ち替えて良し、フォーク1本で済ましても良し、何なら『お箸下さい』とお願いしてナイフ・フォークを使わなくてもノープロブレムだよ。要は私の思う所、日本人は人目を過敏に心配する傾向があるということかな、」
;とは、オジ様が私の不器用な食器扱い(機内食)を目にして、と思うのですが・・・
それ以降私は、「躊躇無く右手でフォーク」になりました。(オジ様有り難う)
#JalddpaAT_MURL [コメントの修正]
865  管理人のみ閲覧できます  2009.01.10 Sat 04:22 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
866  臨床心理士?  2009.01.10 Sat 04:47 
何と言っても今日のブログのハイライト?は「おしゃべりおばさん」です。3時間15分と言えば新幹線ができた頃の東京~新大阪までの所要時間です。ここまで人の話を聞けるpeaさんは「臨床心理士」でしょうか?それにしても興味深い話です。「おしゃべりおばさん」のたくましく、したたかな生き方は身近な日本人にはない生き方です。中国の女性が日本に来て日本人と結婚し子供を作って中国に帰る…というパターンは多いようです。日本に残された夫と子供が可愛そうです。「おしゃべりおばさん」は夫を中国に呼ぶだけ「良心とお金」があったようですね…。
#mQop/nM.凧男URL [コメントの修正]
867  Replies  2009.01.10 Sat 09:57 
●まだむ

>いつも通りアルコールを楽しんでいたら、・・・

( ̄m ̄)ウププ
審査員さんは絶好の話相手と喜んだことでしょう。
どんなに話が面白くても、乗り物の中(の座席)という閉鎖空間だと何か他に作業しながら耳を傾けるとか、間に一服挟むとかしづらくて疲れちゃうのでしょうね。
でもしゃべってる方が疲れないというのは何とも不思議。

四川料理レストラン、香港ならありそうなのに。とにかく本場ものは唐辛子と花椒がざっくざっく入っていて、私はひと口食べると舌がしびれてあとの食べ物の味が全部わからなくなります。。。


●T_Mさん

T_Mさんも長時間聞き役経験者なのね!
お仕事話なら面白そう!でも西行き機内で眠れないと時差調整で体調も崩しかねないからやっぱ困りものですね。

>日本人は人目を過敏に心配する傾向がある・・・

全く同感!他の国ではどうもそれでは通用しないと(特に中国では!)悟って私も一皮むけました。
日本人は外国語が苦手、と日本人は思ってますが、「しゃべれない」のじゃなくて「しゃべらない」だけと思います!
「フォーク・ナイフ」の呪縛から解けてよかったねー。^^


●865番さん

http://pea503.blog71.fc2.com/blog-entry-78.html
下の方のバイクの写真をご覧ください。
もう見飽きてるかな?


●凧男さん

おばちゃん、たくましかったです!商売にも教育にも生き方にも信念持ってました。

中国人と日本人との結婚、そして子育てでは本当に様々なパターンがあると北京で(ハンジョウでも)思い知らされました。
日本側から見たら「残された夫と子ども」が目につくかもしれませんが、こちらには「残された母子」も多く、あるいはもっと気の毒なケースもあります。
でも本人たちの幸不幸も一概に言えず、私はこの国に来て「家族のありかた」についての認識を根本からひっくり返されました。

このおばちゃんは日本に長くいたことも影響してるのでしょう、日本人から見て「いい人」そうでした。
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]
868  管理人のみ閲覧できます  2009.01.10 Sat 18:20 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
871    2009.01.10 Sat 18:28 
ハハハ、我が家の人のいい旦那もよくそういうパターンで飛行機の横に坐って人につかまってしまっています。私はいつも乗り物にのった途端にぐっすり寝込んでしまうのであまりそういうことはありません。旦那はそんなわけでいつも寝不足です。
#-MeijiaURL [コメントの修正]
872    2009.01.11 Sun 15:40 
旅行始まる前から疲れてしまいましたね・笑
ローカル交通手段を使っていても最近は日本語を話せる中国人が増えているのか、
こちらが日本人とわかると話したがる人が多い気がします。
ワタシは一応もらった連絡先などは取ってあります。
その後、実際に連絡して良くしてもらったこともありますよ。
上海への電車で“日本語勉強シタコトアリマス”というオジサンから
「コレハ魚デス」(勿論その場に魚なんて有りません)といきなり言われて
面喰った事がありますけど、今となっては楽しい思い出(?)です。
875  Replies  2009.01.12 Mon 00:46 
●868番さん

メールお送りしました。


●Meijiaさん

ご主人、いかにも聞いてあげそう。。。^^


●JIZIさん

>こちらが日本人とわかると話したがる人が多い気がします。

そうですね。中国語のままでも話してきます。子どもが3人いるのも珍しがられます。
このバスでも最初は通路を挟んで隣のおじさんが話しかけてきたんです。
おばちゃんは最初はそのおじさんに話しかけて、そのあと私が日本人と知って私の隣の席に移ってきて・・・。^^;

>その後、実際に連絡して良くしてもらったこともありますよ。

なるほど、JIZIさんの人脈の広さはそういうところからも来てるのですね。
住んでる場所で1人も地元の友だちがいないというのも寂しいので、もう少し積極的になってもいいかもしれませんね~。

>「コレハ魚デス」

笑!日本での「This is a pen」のような常套句(?)なのでしょうか??
#rHat8f7E☆peaURL [コメントの修正]







(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://pea503.blog71.fc2.com/tb.php/158-b1ebdc9a
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
プロフィール
 

dotabata pea

Author:dotabata pea
夫の転勤に伴って2008年4月~2010年3月を杭州〔ハンジョウ〕で過ごし、「犬も歩けばネタにあたる」の中国での「見て見て!聞いて!」と書き連ねてます。

一行でもいいです、なにかコメント欄に残していただけると嬉しいです♪

peaは昔のあだ名haricotの英訳。

 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
訪問者数
 
 
アクセスの多い記事
 
 
 
ブログ内検索
 
 
文字を大きく・小さく
 
     
    各地の天気予報
     
    お天気くらべ。
     
    現在の天気
     
    ハンジョウは屋久島とほぼ同緯度ですが・・・。
     
    リンク
     
     
    日本語検定クイズ
     
    日本語の問題が日替わりで出題されます。
    二級、ラクショウ、いえシンショウでした。。。
     
    まいにちフレーズ
     
     
    RSSフィード
     
     
    問い合わせ
     
    ブログについて、ハンジョウについて、何でも。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。